お数珠のはじまり

お釈迦様御在世の時、
難阿国の毘瑠璃(ハルリ)王が遣いをたててお釈迦様にご相談しました。

「我が国は、貧弱で五穀実らず、常に戦乱があり、しかも悪病流行して国を治めることが困難で大変忙しくしております。政治を執りつつも仏の道を修行して行きたいのですが、どうしたら良いでしょうか?」

するとお釈迦様は、
「それは難しいことはない。無患樹(むくろじゅ)の実を百八個糸でつないで輪を作り、それをいつも身から離さず隙あるごとに、心から南無阿弥陀仏を称えれば、心は静まり、煩いをのぞき、人々の心も安楽になり、国家も安泰になるでしょう」と仰せになりました。


これを聞かれた王様は、非常に喜ばれ、早速無患樹の実を沢山集めさせ、千の数珠を作らせ、親戚や家来にも持たせ、王様自身はいつも手から離さず、
心より、南無阿弥陀仏を称えられたそうです。

そして、何日かたってから、王様はお釈迦様をお招きして、
皆とともに法話を聞かれました。

これが、念珠の始まりと言われています。


お数珠の玉の数は108個が基本です。

それは人の心が百八にも動き変わり乱れるということからで、
これを俗に、百八の煩悩と言われています。

お数珠・お念珠は数珠ともいい、
念仏を唱える時、何回唱えたかを玉を操って用いました。

念仏を唱え玉をお数珠を操ることで、
その乱れやすい心をおさめましょうとの意味をもっています。

このページのトップへ