お数珠の名称

正式なお数珠は、親玉(おやだま)、、主玉(おもだま)、四天玉(してんだま)、弟子玉(でしだま)、露玉(つゆだま)、浄妙玉(じょうみょうだま)、 中通し紐、房などから構成されます。

「本連」または「二連」「二輪」と呼ばれる108玉ある数珠は、二重にして使用することが多く、
略式の片手には親玉の下にボサ(菩薩)がつきます。


  • 親玉…数珠を構成する中心となる玉で、「阿弥陀如来」、「釈迦如来」を意味します。
  • 主玉…菩薩の修行を経て108の煩悩を絶つ意味と、「百八尊」を表します。
  • 四天玉…主玉と主玉の間にある玉で、「四天王」(持国天・増長天・広目点・多閣天)、
    もしくは四菩薩(観世音菩薩・弥勒菩薩・普賢菩薩・文殊菩薩)を表します。
    数珠によっては無いものや、略式の片手などは二天(二菩薩)のものもあります。
  • 弟子玉…房につく小玉20個(日蓮宗は40個)で、「十大弟子と十菩薩」「十大弟子と十波羅密」を表す。
  • 露玉…弟子玉のしたの露型の玉で、弟子玉を留めます。
  • 浄妙玉…親玉の下にある玉で、菩薩を表します。
  • 中通し…玉をつなぐ紐で、菩薩の修行を象徴し「観音菩薩」を表します。
お数珠の名称

このページのトップへ