お数珠について

仏教の伝来にともない、修行をする時や、経を読む時などに必要な道具であり、
ご先祖をまつり、感謝を込めて数珠とともに手を合わせる時に使ったり
現代においては、ほとんどが仏式であるということが主たる理由ですが、
葬儀の際に数珠を用いるイメージが一番強く、仏前で合掌礼拝する際は、
必ず念珠を手にかける事になっており、数珠を持つことはマナーの一つとなっています。


本来なら百八玉のお数珠が正式なのですが、
現在はこれを半分の五十四ヶに持ちやすい様にして使ったり、
さらに四半分の二十七ヶに、または十八ヶ玉・二十二玉などと
持ちやすいように略式として広く一般にに使われるようになりました。


現代では礼拝用の道具としてはもちろんですが、
魔よけ厄除けお守りとして持ったり、腕輪やブレスレットとして身に付けやすくなり、
アクセサリーのひとつとして幅広くとても親しみやすいものとなりました。

このページのトップへ